岡部選手、国内調整へ2009/12/22 19:54

スキージャンプの岡部孝信選手が、欧州ジャンプ週間と呼ばれる、年末年始にドイツ・オーストリアで行われるW杯に出場しない意向を明らかにした。理由はフィンランドでの大会後、室内練習中に腰を痛め、戦える状態ではないためだという。■ワールドカップの成績はオリンピック代表選考の重要な基準になるため、「五輪断念か」「代表入り絶望か」と衝撃が走った。しかし、冷静になると別の考え方もあることに気づいた。■今シーズンのW杯、個人6戦でポイントなし。予選通過さえままならない岡部選手のリザルトを見て不思議でならなかった。首をかしげる人も多かったはずだが、まさかケガをしていたとは。今回、その謎が解けたのだ。■理由がはっきりして、ほっとした。翻ると不振の要因さえ取り除けば、本来の世界と戦える岡部に戻るのではないかということだ。本人が言うように「チャンスは限りなく少ない」かもしれない。しかし、岡部を必要とする声は多い。ケガさえ治れば「代表入りの可能性は、まだまだ十分残されている」と私は思うのだ。▼一部改稿▼

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2009/12/22/4771899/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。