福島千里!実りの秋2010/10/02 16:27

千葉県で行われている国民体育大会も終盤を迎えている。2日は陸上の成年女子100メートル決勝が行われた。大会公式サイトによると追風0.5mの中、11秒26の大会新記録で福島千里が優勝した。■2位高橋萌木子が11秒61。3位岡部奈緒も11秒67と6台。日本選手権女子100メートルで4位だった佐野夢加、同大会3位の渡辺真弓がともに7台で4位、5位と続いている。■日本の女短のレベルが「良い感じ」で上がっている上、福島は1つ上の次元にあるというレースではなかったろうか。■今季の目標は「コンスタントな2台」。「そうすれば1台、場合によって0台も見えてくる」という展望を描いて臨んでいる。今季、これまで必ずしも2台ばかりではないが、概ね目標にしている領域に来ているという印象を受ける。■福島が突き破り続けているのが「意識の壁」。標準値を底上げした。福島が走ると4台でさえ物足りなく感じさせてしまうという現象が起きている。単なる期待値がそうさせたのではない。実践している1つ1つがそうした現象を起こした。それほど福島の存在は圧倒的なものだ。本人や関係者の目指すところも限界などは考えていないはずだ。「夢」ではなく、現実味のある「目標」として描いている。■11月のアジア大会(陸上競技は21-27日)に向けて長い、そして充実のシーズンが続く。▼今回は53歩目

意識の限界を設けない!金メダリストとの共通点2010/10/02 17:28

陸上短距離の福島千里選手のファンである。歴史を同時代で目撃することのワクワク感がうれしい。観戦者のひとりとして彼女の挑戦に何の不安も持っていない。■去年の暮れ、中村宏之監督が驚きと感心をもって福島選手について話したことを思い出した。「彼女は『限界』を設けない」という言葉。スポーツにおいて肉体や技術が高いレベルにあるとき「差」がつくのは何か・・・。■ゴルフでアニカ・ソレンスタムらを指導したピア・ニールソンの教えの中に「心にブレーキをかけない」ことの大切さを説いたものがある。良いプレーをしているときでさえ「いつか失敗するのではないか」という不安が頭をもたげてくる。失敗をすると、またミスが続くのではないかと不安に思う。プレーヤーは経験を積めば積むほど警戒心が深まり、不安を抱きやすくなる傾向がある。リスクを計算することは必要だが起こりもしない恐怖に怯えることはナンセンスなのだ。また例えリスクがあっても思いきってアクセルを踏まなければ前には進めない。■1999年1月、当時女子マラソンのアジア最高記録を樹立したばかりの高橋尚子が世界記録保持者のテグラ・ロルーペと対談した。その場で、2時間20分突破は並大抵のことではないと慎重な見解を示したロルーペに対し、高橋は目をキラキラさせ、「可能性はある」「2時間15分も可能」と話した。その場にいた記者は「夢物語」と感じた。「大風呂敷を広げたな」と嘲笑気味に言う人さえいた。しかし、高橋は1年半後シドニー五輪で金メダルを獲得し、更に1年たった2001年9月、女性として史上初めてマラソンで2時間20分を突破した。そして、彼女の予言通り女子マラソンの世界記録は2時間15分台に到達した。■福島選手がもし、今、壁に突き当たっているのであれば、それは「記録の壁」ではないと思う。少なくとも1年前には存在していなかった「頭の中の壁」なのではなかろうか。勝手に常識と思い込んでいたネガティブな概念が進歩を止めていることが多い。福島選手は、それを突き破ってきた。今更、瓦解させたはずの概念の亡霊に縛られてはいけない。根拠のない不安で自己の可能性に疑問を抱くのはナンセンスなのだ。

出雲へ2010/10/04 01:07

スポーツ番組を見ながら資料づくりに励む休日。宮里美香プロ、松村道央プロ、おめでとうございます。さて、国体は寺田選手のハードルや北風選手も加わるリレーも楽しみですが、私の仕事は次週月曜日の出雲全日本大学選抜駅伝です。午後1時放送です。

北海道女子大活躍/千葉国体陸上2010/10/04 23:54

千葉で行われている国民体育大会(ゆめ半島千葉国体)の陸上競技で北海道の女子選手が大活躍だ。4日には成年女子100mハードルで寺田明日香選手(北海道ハイテクAC)が13秒12の大会新記録で優勝。成年女子400mで佐藤(木田)真有(ナチュリル)、少年女子共通走高跳で青木栄美花(旭川大高)がそれぞれ優勝。2日の福島と合わせてこの日までに北海道は4人の優勝者が誕生した。400mリレーの準決勝でもトップのタイムで明日の決勝に駒を進めていて楽しみだ。9月30日の少年女子バスケットボールの劇的逆転優勝といい、ゴルフの藤田光里といい、千葉国体での北海道女子選手の健闘が光る。

第22回出雲全日本大学選抜駅伝2010/10/09 00:37

出雲に到着。混戦必至。おもしろくなりそう。10月11日(月・祝)午後1時から!

日本大学【出雲駅伝中継】2010/10/11 03:05

3連覇を狙う権利のある日本大学は昨季2冠ながら箱根でシードを落とし出場権のかかる今週土曜の予選会優先。戦える布陣ではない。出場メンバーにとっては成長のチャンス。

東洋大学【出雲駅伝中継】2010/10/11 03:09

箱根覇者、東洋は柏原不在が話題になっているが、今、走れるベストのメンバーで臨む、とのこと。山登りの神も不調では・・・。駅伝は大エースひとりでは勝てない。箱根の栄冠も「神」以外の底上げがあってこそ。フレッシュな1年生と箱根優勝の歓喜の中悔しい思いした川上らに期待。

早稲田大学【出雲駅伝中継】2010/10/11 03:12

早稲田14年ぶりの優勝なるか。優勝候補は戦力充実の早稲田。大学駅伝デビューのルーキーも充実。矢澤ら1から6区まで、穴のないメンバー。ただ、勝負に絶対はない。

京都産業大&第一工大【出雲駅伝中継】2010/10/11 03:15

打倒関東。全日本インカレ優勝の三岡、昨年区間賞の林を1、2区に並べた京都産業大学。モロッコ、ケニアの留学生を1区とアンカーに配置した第一工大。関東学連以外の大学がレースをかき回しそう。

山梨学院大学【出雲駅伝中継】2010/10/11 03:21

出雲最多優勝は山梨学院大学の6回。優勝シーンはオツオリ、マヤカ、モカンバという留学生アンカー。今年は市立尼崎出身の高瀬無量がアンカー。高瀬は今年の箱根も2区を。這い上がってきた日本人エースが8年ぶりの優勝テープを切るかもしれない。