夏見円選手の経歴④2011/05/21 02:33

2007年2月、ノルディックスキーの世界選手権が札幌で開催された。開会式の会場は札幌ドーム。大会初日の距離個人スプリントも札幌ドーム発着、世界で初めて距離競技がドーム競技場で行われた。そこで夏見選手は5位の快挙。20日の会見で「世界ランキングを考えたら奇跡に近かった。思った以上の力を発揮できた」と話した大会。◇2008年2月にはワールドカップで日本人初の表彰台(ストックホルム大会個人スプリントクラシカル)。2009年は世界選手権のチームスプリントで「長距離が得意」の石田正子選手と組んで4位入賞を果たす。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874619/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。