夏見円選手の経歴⑤2011/05/21 02:33

2010年のバンクーバー五輪の距離競技のスプリント競技は得意のクラシカル。これは運命だ!と好成績の期待が高まった。2009-2010シーズンに入るとワールドカップの成績などは突出してはいなかったが五輪を見据えて一発狙う雰囲気があった。個人スプリントクラシカルは2月17日、快晴。予選のタイムレースも順調に勝ち上がった。しかし準々決勝で敗退、あっという間に「目標にしていた」レースが終わってしまった。◇バンクーバーではチームスプリント、リレー、さらに30キロにも出場。この時、もしかして引退レースのつもりなのかな、オリンピックを、その舞台を、踏みしめようという気持ちなのかな?と想像し覚悟をきめた。リレーは1年ほど経過して失格チームが出て繰り上がりの8位入賞の知らせが届く。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874623/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。