Qちゃんの助言2011/07/02 23:01

「また、みなさんにお会いすることができとても嬉しく思っています」。札幌国際ハーフマラソン(3日、札幌円山競技場発着)の記者会見が2日、札幌市内のホテルで行われたが、女子招待選手の原裕美子選手はそう話し始めた。◇栃木、宇都宮文星女子高校時代から日本選手権女子1万メートルで入賞するなど早くから注目を集め、京セラ時代には名古屋、大阪の2つの国際女子マラソン優勝。2度、日本代表として世界選手権のマラソンを走った大器。だが、同時にハードパンチャーのボクサーが自らの拳を痛めるように、ケガにも悩まされてきた。◇京セラを離れ、その後、ひとりで練習していたが、まだ走り続けたいという気持ちを汲んでくれた周囲の支えで小出義雄氏を紹介された。もう1度走り始めたのが去年だった。そして、まだ復調途上、秋冬のレースにつながればと臨んだ北海道マラソンで見事な復活劇を演じた。去年8月のことだった。高温多湿でタイムこそのびなかったが、世界に通じる力を印象づけた。◇2011テグ世界選手権、2012ロンドン五輪に名乗りを上げたかに見えたが、不運が待っていた。左膝に痛みが出た。その上、凍った道に足を取られ、転倒。強打し痛みは増した。予定していた世界選手権選考レースの大阪を欠場。横浜、名古屋にも間に合わなかった。◇練習を再開したのは5月だという。この日の会見で見た感じではまだ試合には間に合っていないようなのだが、何度も乗り越えてきた、何度も演じてきた復活劇の舞台そでにはついたようだ。◇小出門下に入り、世界を目指す気持ちは強く、明確になったという。会見後、高橋尚子さんが原に声をかけた。「1年あるよ。私も世界選手権を走れなかったのだから」。經靭帯炎で世界選手権マラソンを断念した1999年のことを伝えた。1999年とは高橋さんがシドニーオリンピックで金メダルを獲得する前年のことである。

札幌国際ハーフマラソン2011/07/03 19:44

「私がダメだと諦めかけていても、周囲の人たちが『いつか出来る』『復活する』と諦めず支えてくれた」「返しきれない借りがある、これからも1つ1つの大会で記録を出し、良い結果を残していきたい」。札幌国際ハーフマラソンで日本人トップの3位となった絹川愛(ミズノ)は日本選手権5000m優勝、1万メートルの日本歴代4位、そして今回と快走が続く「復活」の要因を聞かれしみじみと語った。■今回の札幌国際ハーフマラソンは絹川愛にとって初めてのハーフマラソン出場だった。ハーフ用の準備もしていなかったが、指導を受ける渡辺高夫氏から「長距離適正を見る『マラソンオーディション』だ」と設定タイムも決めず送り出されたという。練習でも20キロまでしか走ったことがなく「未知の距離との戦い」だったと話す様に、前半はペースも順位もおかまいなし、リラックスした走りで10位前後のグループを進む。他の選手が脱落するなどもあり15キロを5位で通過すると終盤6.0975キロは優勝したフローレンス・キプラガトを上回るペースでカバー3位に順位を上げた。「我慢が出来るかが課題だと思っていたが我慢は出来たと思う」「ハーフは上手くできたと思うけど、マラソンはこの2倍なので・・・」「やっぱり最後の上りは足にきてトラックに戻ったときは足が棒になった」が、それでもマラソンオーディションについては「合格してたらいいな」と笑顔を見せた。

サイラス・ジュイ2011/07/03 20:45

話が違う!「今年はマラソン練習に重点をおいているからスピード対応の面でハーフは分が悪い」とレース前に日立電線の北口監督は話していたのだ。それが、序盤からダビリ(小森コーポレーション)とぶっ飛ばし、本人は「自信がありました」という圧勝だった。ジュイは昨夏の札幌国際ハーフマラソンと北海道マラソンを制したいわば「暑さのロードレース」北海道2冠に輝いた選手。2大会とも連覇という可能性を聞いた時の答えが前述の北口監督のことばだった。■ケニア代表入りへの願いがある。去年、北海道でマラソンデビューを優勝で飾った。東京でもまずまずのレースをした。だが世界選手権のケニア代表には選ばれなかった。マラソン3度目となる来月28日の北海道マラソンで大会記録を塗り替えるなど、誰もが納得する圧倒的な勝利を目指しているらしいのだ。同じ時期に行われる世界選手権のケニア代表に「僕の方が強い」と見せつけるような走りをしたいのでは?との問いに。「ケニアの人はライバルではありません」「モグス選手とも今度、一緒に練習しましょうと話していたところです」と温和に丁寧な日本語で話す。うん、これは2年連続北海道2冠はかなり濃厚かもしれない。

リレーカーニバル2011/07/05 01:11

直訳すれば「リレー祭り」先月26日の布勢スプリント。今季最高より、初の11秒1台よりも楽しそうな表情を見せたリレー出場。その福島千里選手の様子を明日、5日(火)のSPORT(すぽると!)で紹介するようだ。楽しみ!!

七夕2011/07/11 01:04

例年、7月第2日曜日は女子プロゴルフトーナメントの中継があったのですが、今年から「meiji カップ」は8月第1週に開催。のんびり?した七夕の季節を過ごしているのですが、もう数週間もすると1年分の仕事がまとめて来るような状況にになるのです。ゴルフ中継とマラソン中継というスポーツの大規模中継が同じ8月にあります。meiji カップは8月5日(金)-7日(日)、北海道マラソンは8月28日です。■8日は例年なら開催日が重なっていた女子ゴルフのステップアップツアーに行ってきました。この日は小雨、霧というコンディション。7月といえども天気が悪いと半袖では寒い北海道「らしい」一面が表れました。優勝は川満陽香理選手。沖縄出身、立命館大学時代にはJGAのアマチュアタイトルの1つ日本学生で優勝している選手です。歴代学生チャンピオンといえば古屋京子選手が68の好スコアで周りインスタートからゴボウ抜きで3位タイに浮上。初日首位の斉藤裕子選手がバック9で落としたのは意外でした。■優勝した川満選手はこのあとmeiji カップからの4試合、ツアーへの出場権を獲得しました。他にもmeiji カップに出場する選手が何名かいたほか、北海道出身、縁の選手の何人かには挨拶ができました。年に1度、女子プロたちの来道を楽しみにしている・・・。北海道の七夕は東北などと同様、8月に行われます。

七夕②2011/07/11 01:26

年に1度といえば、土曜、日曜は旭川でプロ野球、北海道日本ハム対東北楽天の試合がお行われました。土曜日はホームランの競演、日曜日は劇的な結末。苦しみながらもひたむきにプレーしている昨年の打点王、小谷野選手の殊勲打でしたので、更に感激を呼びました。■夜は神戸で行われていた陸上のアジア選手権の映像を札幌で受けて編集する担当でした。福島千里選手の進歩には目を見張るものがあります。映像からも神戸は「暑そう」なのが伝わってきます。

7月にスケート!2011/07/17 03:22

屋内スピードスケート場の明治北海道十勝オーバルでは氷上練習がスタートしている。16日は全日本ジュニアの合宿で高木美帆(帯広南商業高校2年)も約4ヶ月ぶりに氷に乗った。シーズンを通して戦える体力のアップ、昨年から取り組んでいる新フォームの修得など世界挑戦に更に上を目指す。■NTC(ナショナルトレーニングセンター)の指定も受け、24日からの一般開放に先駆けて強化施設として利用されている。3年目を迎えるが最も早い利用開始。高木選手は「久しぶりで新鮮、最初に乗る時はいつもこんな感じかなあ、今年からシューズを新しくしたのでそのチェックもしている」など今季初滑りの感想を話した。■この日はスキージャンプの女子チームが新千歳空港を出発、成田経由でポーランドに向かった。遠征チームは、渡瀬あゆみ、高梨沙羅、伊藤有希、葛西賀子、平山友梨香、田中温子。平山はユニバシアードでの遠征はあるがコンチメンバー入りは初。田中は世界ジュニアやカナダ時代に経験はあるが、全日本のトップメンバーでの遠征は初めてだ。■高木美帆選手も、高梨沙羅選手も表情が明るい印象を受けた。なでしこジャパンの話題を聞くと一層明るくなる。サッカー女子の活躍は同じ女子アスリートたちにも好影響を与えているようだ。

なでしこJapan!ワールドカップ優勝2011/07/18 06:33

FIFA女子ワールドカップで日本が優勝した。

高梨沙羅2位スタート2011/07/19 22:06

今年4月に、2014年から冬季五輪の正式競技になることが決まったスキージャンプの女子。サマージャンプのコンチネンタルカップの今季第1戦がポーランドで行われた。高梨沙羅選手は1回目トップ、コリーヌ・マテルに逆転を許したが2位と上々のスタートを切った。他の日本勢は渡瀬あゆみ9位、伊藤有希が10位、田中温子11位、平山友梨香15位、葛西賀子17位だった。(FIS公式ページより)

前哨戦はまずまず、でも・・・2011/07/25 01:56

世界陸上選手権のマラソン代表、川内優輝選手が士別ハーフマラソンで納得の走り。隠岐では熱中症で途中棄権、札幌国際ハーフマラソンも後半落ち込んだ。今回はメダルは逃したものの4位入賞を果たす。落ち込みも少なかった。タイムは1時間6分24秒。給水や遮光帽子など暑さ対策も進んでいる。■士別ハーフは日差しが強く、長い直線の多い周回コース。下見はしていなが資料などで知るテグのコースの「リハーサルに向いている」と前哨戦と位置づけた。ところが、このレースの前に思わぬ戦いが待っていた。士別市内に宿が取れず旭川に泊まったのだが、朝、列車に乗り遅れた。次の時刻を聞くと2時間ないという。スタートに間に合わない。あわててタクシーで駆けつけることにしたのだが、大きな出費となった。でもこの日のレースは「出費したかいのあるレース」だったと内容に満足気だった。■来週は釧路で30キロのレースに出場する。■優勝は野宮章弘(トヨタ自動車)選手でタイムは1時間5分9秒。