釧路の路2011/08/23 01:49

網走から戻ると先週1週は北海道マラソンの前日に放送する番組の制作が待っていた。番組は渋井陽子選手と土佐礼子選手のインタビューなどをまとめたもの。家族にその話をすると弱音を吐いていた私を「幸せ者だね」と言う。■ベルリンマラソンで渋井選手が日本記録を樹立したとき「あなた見てたのよね!」。確かに。高橋尚子の世界記録も、渋井陽子のQ越えも、「肉眼」で見た人はそんなにいないだろう。視聴者の方もそうだろうけれど、テレビの放送に携わる人も解説者も、実況アナウンサーも画面越しだからね。最高の観戦場所だった。■土佐選手は、社会人になって最初のマラソンが「北海道」だったかもしれなかった。確か1999年頃の話。「粘り強い子が入ってきた」、マラソンで地道にやらせたら面白いかも・・・とチーム関係者が話していた。ところが7月の札幌国際ハーフマラソンで想定以上!?の頑張りを見せ「世界ハーフ」の日本代表に。国際千葉駅伝の1区にも抜擢。社会人初のマラソンはシドニー選考の名古屋。Qちゃんに続く2位。あとはご存知のような活躍でアテネ、北京とオリンピック代表になった。北京での傷心を癒したのは夫婦で旅した北海道の大地だったという話も聞いたことがある。■確かに私は幸せ者だな。あの番組も担当すべくして担当したのか・・・。■本日、日帰りで釧路出張。旭化成の清水将也選手、瀬戸口賢一郎選手を取材、宗猛さんとも話をした。中学、高校のころ、マラソン大好きで宗さんの出ているレース良く見たな。ロス五輪は大学生だった。きのう(21日)は森下広一さんが選手に指示する同じ車に乗った。ブログに増田明美さんからコメントを頂いた・・・。■2011北海道マラソン、私、男子実況担当なんですが・・・。まだまだ実況の準備にはとりかかれていない。泣き言は言わないつもり。陸上好きな者にとって、こんな幸せなことはないから。▶▷▶▷▶▷北の大地に四半世紀2011北海道マラソン8月28日◁◀◁◀◁◀

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/08/23/6064480/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。