2011北海道マラソン⑥2011/10/01 18:29

とりとめもなく続く2011北海道マラソン後記。もう⑥ですか。しかも、1ヶ月以上も経過し⑤からも一体、何日開いたと言うのか・・・。■確か前回は有力視されている選手以外で優勝するかもしれないと予想していた選手についての話だったと思います。それは鈴木澄子選手(ホクレン)。結果は2時間41分29秒で8位でした。■鈴木選手は世界ジュニアで入賞経験もある競歩出身。マラソンの自己記録は2時間32分02秒。北海道マラソンが有力選手の調整不足やペース配分の失敗などで優勝タイムが2時間33分くらいまで低下すれば、現状ではスピードがなく、自己記録がそれほど速くなくても、堅実に走った選手の逆転もあるのではないかと考えたからでした。■大会前に私たち中継テレビ局のスタッフや主催団体を構成している新聞社の記者でお願いし、何人かの選手に時間を作ってもらって話を聞きます。記録の確認をしたり、練習や調整の状況を聞いたり、放送内で再生する予定の本人のコメントをVTRに収録したりすることもあります。20分ほどの時間でしょうか。会話が弾むこともありますし、そうでもないケースもありますが、鈴木選手の場合は朴訥とした口調ながら、取材陣を笑顔にするユーモアと誠実さ溢れるものでした。■体重コントロールの目標が達成できなかった初夏の様子を話ながら「キャプテンとして示しがつかない」と「家出事件」を起こしたエピソードなどは同席したスタッフは身を乗り出したり、目を丸くしたりして聞きました。■家出は2日間かけてバックパック姿で札幌の寮から胆振の白老まで一人で歩き続けていたというのです。札幌・白老間は約100キロ。確か片道ではなく帰りも途中まで歩いてきたと言っていたはずですから取材陣の目も丸くなるはずです。腿の上がらないフォームでも骨盤を回転させて見た目以上にストライドが長いという自己のランニングフォームの説明ではジェスチャーを交えて話してくれました。■取材をしたのは土曜日の午後でしたから、その日の午前中に行われテグの世界選手権の赤羽選手の感想も聞きました。そして、ふるさとを襲った震災のことも。生家は内陸なので津波には遭わなかったが、家族は不自由な生活を送ったり、家の壁は崩れたりもしたとのことでした。「壊れたものは直せばいいことです」と話しましたが、そのあと戻せないものがある辛さは言葉を飲み込んでいました。同年代の友人、知人も犠牲になっています。■先週(9月25日)、函館でハーフマラソンが行われました。男子は佐々木悟選手(旭化成)が1時間3分18秒で野宮章弘選手(トヨタ自動車)を1秒押さえて優勝。藤田敦史、松宮隆行、諏訪利成、永田宏一郎各選手らも出場したかなり興味深いメンバーでした。津軽海峡を挟み東北各県と関係が深い土地柄でもあり震災復興支援大会として行われたこのレースで女子を1時間13分48秒で制したのは鈴木澄子選手でした。

ゴルフ愛知が熱い!2011/10/02 00:55

男子ゴルフのコカ・コーラ東海クラシック、女子の日本女子オープンが愛知県下で行われている。地元ギャラリーはどちらに行こうか迷うだろうな。日本女子オープンの出場資格なく、繰り上がり出場の可能性を待っていた女子プロの中には石川遼ら男子ツアーの観戦に行っている選手もいるようだ。

札幌マラソン2011/10/03 02:50

小・中学生や親子、午前10時台のスタートは雨。午後11時30分発の10キロ、11時50分発のハーフマラソンは晴れ。でも風が強かった。みなさんお疲れさまでした。夜はみちゅスポの編集。北海道日本ハム、苦しんでます。

シンボリルドルフ死す2011/10/05 00:59

無敗の三冠馬、シンボリルドルフが4日死んだ。1984年に皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞を無敗で制し、86年に引退するまで通算16戦13勝。クラシック三冠後にも天皇賞、有馬記念(2勝)、ジャパンカップと史上最多タイのGI7勝を挙げた。その勝率同様、1番人気13回と常に高い期待を背負い、確実に成績を上げ続けてきた。■競馬はブラッドスポーツ、そして、世代、時代の物語でもある。自分史の中に、どの馬とともに生きているか。シンザンか、トウショウボーイ、テンポイントか、ミスターシービーか、オグリキャップ、ナリタブライアンか、ディープインパクトか・・・。■私は1990年12月、トウカイテイオーのデビューを中京競馬場で見た。ダービーを同時代に東京競馬場で見たのはメリーナイス、サクラチヨノオー、ウィナーズサークル、アイネスフウジンの4頭のみ。デビューを見たトウカイテイオーの勝利は札幌円山のマンションでテレビと短波ラジオのサラウンド(?)放送で視聴した。■ギャロップダイナの天皇賞をミュージックテープで何度も聞いて競馬実況を覚えた私にとって、野平祐二調教師、岡部幸雄騎手とともに「皇帝」は競馬の教科書だったが、ふと、実物のシンボリルドルを見たことがあっただろうか・・・と記憶を辿っているところである。ムチを抜き、ラストスパートのルドルフに「まだ早い」と言葉を送りたかった。

ちょるる2011/10/08 02:29

体育の日といえばもう10年以上、出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝)の仕事で島根県を訪れていましたが、今年はお隣の山口県に来ています。陸上関係ですが今年は長距離・ロードレースではなく短距離です。10月1日に始まった「おいでませ!山口国体」の取材です。■ここ数年は国体はそのあり方、役割について議論が続いています。規模の肥大化、自治体の負担、出場選手の顔ぶれや競技レベルの点もその1つです。国際大会の日程やアスリートとして目指すキャリア、商業的な活動に影響される点もあるのでしょう。■まあ、それはさておき、7日から陸上競技が始まりましたが、8日は成年女子100メートルが行われます。なかなかの顔ぶれです。世界選手権のリレー代表がそれぞれの郷土、所属先の都道府県の代表として対戦します。全国の都道府県に分散しているのに気づきました。■福島千里(北海道)、高橋萌木子(埼玉)、岡部奈緒(千葉)、今井沙緒里(長野)、市川華菜(愛知)。それに去年のアジア大会代表の佐野夢加(山梨)、もものケガが気になるが和田麻希(京都)、他にも清水めぐみ(岐阜)、渡辺真弓(福島)、小川梨花(宮城)、信岡沙希重・・・など、高校生の土井と福島千里と同じ北海道の北風沙織がいないくらいでほぼ日本選手権の再戦といえるのではないでしょうか。・・・沖縄から玉城美鈴選手にも出てきてもらいたかったですね。■先月発売された中村宏之先生が書いた本「日本人が五輪100mの決勝に立つ日」を読んでいるのですが、福島選手が強くなる意味は福島選手自身や共に夢を見る人たちのためだけじゃないんですね。同時代に走っている人も、これからその後を追いかける人にとってもとても重要な意味があるのです。クロスカップリングではありませんが、様々な化学反応、変化が生まれ、これまで考えられなかったような新しいモノが生まれる可能性を秘めているというのです。そのためにも福島選手には今後も新たなものを見せてもらいたいです。■ちょるるとは、山口国体のマスコットの名前です。山口弁の語尾によくでてくる「〜ちょる」から命名されたそうです。国体期間中10年後の自分に手紙を出せるそうです。さて、10年後、スポーツ界はどうなっていることでしょう。

体操女子ロンドン五輪決定2011/10/09 09:39

体操の世界選手権、「世界体操」が始まりました!そして、女子がオリンピック出場権(5位以内)を獲得、ロンドンオリンピックの切符を手にしました。■フジテレビ系列では連日、世界体操の様子を放送中です。深夜に放送中の番組内容などいつもと違うのでご注意ください。※10日(祝)「みちゅバチのこれ見るッ!」はコラボなしのバージョンでみちゅスポはお休みです。

チーム北海道2011/10/09 18:18

国体の陸上競技には高校1年以下の選手が対象の少年Bというカテゴリーがある。8日には男子100メートルが行われ京都・洛南高校の桐生祥秀選手が10秒58で優勝したが、レースも非常にスリリングで面白かった。レースを盛り上げたのが北海道の小池祐貴選手(立命館慶祥高1年)だ。僅か100分の5秒差。金星を逃した悔しさもあるだろうが、本人は「結果勝てなかったけれど、決勝に立てて、最高のレースが出来た。良い経験になった」と驚きと充実の両方といった表情をしていた。■少年Bとはいえ自己記録を大きく伸ばし全国2位に入った小池選手だが、まだまだ陸上は「素人」なのだそうだ。道新スポーツの星記者によると、中学までは野球部で、スポーツは中学で終わりのつもりだったが、友達に勧められて陸上をやってみたら結構「イケてた」。それで陸上に転向して立命館慶祥高では陸上部に入った。ただ、柔らかく、ゆっくり走るなどの走り方さえ知らなくて、ジョギングができないほどらしい。確かにアップの動きは固いかも・・・。■国体決勝前も固かった。表情も。初めての全国規模の「決勝」だから。固くもなるだろう。そんな緊張する小池選手の様子を見ている人がいた。スタート地点後方の選手待機場所にいた福島千里選手だ。小池選手が視線を福島選手に向けると、アジアナンバーワンスプリンターはホンワカと「がんばってください」と声をかけた。ホンワカ効果で少し柔らかさがでたのかも。小池選手は「先生方も、先輩方も同じ北海道のチームとして励ましてくれて『燃えました』」。福島選手も「勢いがあってやってくれると思いました」「(女子決勝の前に元気な走りをしてくれて)逆に私が力を貰いました」と国体ならではの世代をこえたチーム効果を口にした。福島選手は翌日のリレーの話題に関連して、一緒に走る少年(女子)や北海道だけでなく多くの人にスピード感だとか、いろいろなことを感じて欲しいとも話している。

踊り場2011/10/09 18:30

8日に行われた国体の成年女子100m、福島千里選手は今季最後の個人種目を圧勝で締めくくった。2008年のタイ記録を含め日本記録を毎年更新してきたが、今年はお預け。それでも内容には手応えもあり、「条件も動きもよかったので、ちょっと惜しかった!」と言いながら笑顔を見せた。記録は更新できなかったがそれは「踊り場」のようなもの。階段を高く上がろうとすれば、長い競技人生そういう年もある。■11秒24には縁がある。日本記録の11秒21に次ぐセカンドベストだが、おそらくこれが4回目だろう。記録連発の「衝撃」の始まりでもあった2009年布勢スプリント2レース連続日本記録の2レース目が11秒24だった。翌年、日本記録を11秒21まで延ばした2ヶ月後、同じ鳥取の布勢スプリントの第1レースでまた11秒24。そして、今年の布勢スプリントでまたまた11秒24。■中村監督は「同じ24でも意味が違う」と説明する。シーズン最大の目標、大舞台の世界選手権が終わり、普通なら激闘の疲労や気持ちも下降する。本人は最後までしっかり走りたいという姿勢をもっているが、なかなか難しい。どんな状況でも、多少、調子が悪くても高い水準が維持できるタフさを身につけようとしているが、確実にレベルアップしている。■甘い得意なコースにきたボールのみヒットやホームランを打てるだけではない、クセ玉や厳しいコースを攻められてもヒットにできる底上げができている。この先に行く手応えも掴んでいる。■ちなみに「長い競技人生こういうシーズンもある」というのは「日本記録」の更新ではなく「自己記録」の更新ができなかったということではないかな。福島選手は中学2年の12秒67から、中3で12秒33、高校に入り11秒95、70、67、ハイテクAC1年目は11秒60、そして、2008年の日本タイ11秒36、09年の日本新11秒24、昨年11秒21と日本記録更新よりも長い年月、自己と向き合って、越え、成長し続けているのだ。追い風のため公認ではないが6月には11秒16と初めて11秒1台をマークしているから、内容やアベレージも含めて確実に次の高さに上がっていく充実のシーズンだったといえる。

シカゴマラソン2011/10/10 12:58

大会のホームページによると福士加代子選手(ワコール)は2時間24台で3位だったようだ。前半は3人の先頭集団の中で快調にレースを進めているが中間点を境にペースダウンしている。何かあったのだろうか。これではモタナイと少し落として、安全運転に切れ変えたものだったのだろうか。安全策をとったのにも関わらず優勝争いから離れたことで更に減速してしまったのか。それともどこかに異変があったのか・・・。中間点までハイペースで行き、どこまで粘れるかという「突っ込んでいく」ハイペースを意識した実践での40キロ走というとらえかただったのか。3位は悪くない。今後5ヶ月の間にどこかで出場する選考レースを睨んだモノだとしたらいろいろなタクティクスを持っているとも考えられる。

元気を発信したい2011/10/10 13:10

おいでませ!山口国体の会場でこころに止まったことを何題か。■福島の渡辺真弓選手(東邦銀行)が予選から気持ちのこもった走りを見せた。「『ふくしま』と書かれたユニフォームで走る意味を感じている。いろいろな方に励ましをいただいている感謝はもちろん、何より福島から元気を発信したいという思いがある」。左腕にはオレンジ色の「がんばろう!ふくしま」のリストバンドも。静かな語り口のひとことひとことからぐっと気持ちが伝わる。■渡辺選手は新潟県の日本文理高校から福島大学に進学。卒業後、ナチュリル、そして、今年4月に発足した東邦銀行と「福島県」を活動拠点としてきた。日本選手権の女子100mでは2009年2位、2010年3位と表彰台に立っている。2007年の世界選手権代表、今年5月に更新されるまでの400mリレーの日本記録43秒58では3走をつとめた(08年5月、国際グランプリ大阪)。■今大会は予選は組トップでスタート(タイムは12秒03)、準決勝は11秒77で岡部奈緒選手(千葉)と競り組2着だったが、決勝は11秒61で福島千里選手(北海道)、高橋萌木子選手(埼玉)に続く3位に入った。