ロンドンへ!よーいパン!2011/12/01 17:50

ロンドン五輪を目指す陸上の福島千里選手ら北海道ハイテクACを応援しようと、地元の公、農、工、商がダッグを組んだアイディアプロジェクトがスタートした。■北海道ハイテクACの本拠地は北海道恵庭市。かねてから市と商工会議所、JA恵庭は地元の特産品「えびすカボチャ」を使ったオリジナル商品を売り出すことができないかと考えていたが、市内に工場を構える山崎製バンの協力でカボチャペーストを用いたパンやパイ、デニッシュなど8商品が開発され、12月1日に販売を開始した(北海道内限定)。■パッケージには恵庭、1、2を争う有名人、今や恵庭の代名詞ともいえる福島千里選手ら北海道ハイテクACの選手がプリントされている。福島選手らは地元、恵庭の知名度アップに貢献するとともに、売り上げ1個あたり1円が寄付として、北海道ハイテクACの活動資金に還元されるという、スポーツ支援の新しい形も生まれた。■発売を記念して、この日は北海道ハイテクACの北風沙織、福島千里、寺田明日香各選手らも出席したセレモニーが恵庭市役所や道の駅「花ロードえにわ」で行われた。■「花ロードえにわ」では記念販売会が行われ、午前11時、店頭に立った福島選手が「これよりパンを販売します!どうぞ!」と発声。用意された500個は一気に完売。急遽、補充された分を含め、その場で700個を売り上げた。■訪れた人たちから「頑張ってください」「応援しています」などと声をかけられていた福島選手は「応援してくれる人と直接ふれあう機会は中々ないのでうれしく思う、かけていただいた声を力に代えて結果で恩返ししたい」と目標への決意を新たにするとともに「こうした企画をしてくださった方々に感謝したい」と地元一体の応援を噛み締めていた。

えびすかぼちゃ2011/12/01 21:20

恵庭名産のえびすかぼちゃ

アニバーサリー2011/12/04 00:40

札幌ドームにサッカーJ2のコンサドーレ札幌対FC東京を見に行きました。今季最終戦、コンサドーレにとっては4年ぶりのJ1昇格がかかる大一番。札幌ドームは3万9千超の大観衆。ゲームは内村選手の2ゴール、古田、近藤のアシスト。堅守を誇るディフェンス陣もJ2今季優勝を決めているFC東京の攻撃を最小失点に押さえました。得失点の差による僅かなリードで最終戦を迎えたコンサドーレでしたが、2対1と勝利し、3位を確定させました。■今年、札幌ドームは10周年、コンサドーレはクラブスタート15年。節目の年に、大変よい場面に参加できました。一緒に観戦した家族も喜んでいました。

エース2011/12/04 01:32

これまでコンサドーレの昇格にはバルディス、エメルソン、ダヴィといった外国人ストライカーが存在していた。今回、得点でチームをリードしたのは内村圭宏という和製エース。腰痛や踵痛のアクシデントと戦い開幕スタメンだったものの戦列を離脱、復帰したのは7月。内村の合流に呼応してチームは上昇カーブを描く。■崖っぷち、苦しい場面、厚別最終戦の大分戦、草津によもやの敗戦後のアウェー湘南戦でゴールを決めた古田の成長は印象に残る。出場機会が多かったとは言えないが、リーグ終盤にチャンスに結果で答えを出した。最終戦でも左サイドを突破し先制点をアシストし「大事な場面」で良い仕事をした。■徳島の敗戦で結果的に勝ち点でも昇格ラインは分かれたが、得失点の僅差の争いだった。失点を抑えた守備陣の功績は大きい。キャプテンのMF河合、GK李ホスン、DF山下、高校生のDF奈良。岩沼のアイディア豊かなパス。高木は攻撃に転じる場面でも良い仕事をしてくれた。ディフェンス陣の堅守が確立したことがチーム上昇の原動力だったことは間違いない。■砂川、岡山、中山・・・ピッチ外、ベンチ外でもメンタリティーでチームを後押しした選手たち、岡本ら出番を待って切り札として起用されワンチャンスで期待に答えた者もいた。そして、三上、横野、近藤の2試合連続ゴール・・・苦しい台所事情の中で日替わりヒーローの活躍で掴んだ勝ち点3や得点も忘れてはいけない。■ベストゲームは最終戦なのだろうが、圧倒的に押し込まれながら勝ち、暫定首位に立ったヴェルディ戦など、全ての試合の積み重ねが勝ち点68。総得点49。失点リーグ2位の32に押さえてのJ1カムバック実現だった。

スキージャンプW杯2011/12/04 02:34

2014年のソチオリンピックから正式に実施がきまっているスキージャンプの女子。今シーズンからはワールドカップが始まった。開幕戦は3日、ノルウェーのリレハンメルで行われた。国際舞台実質デビューの岩渕香里(飯山高)が6番スタートでいきなり好ジャンプを披露。1回目を高梨5位、渡瀬8位、岩渕11位、田中24位で折り返した日本勢は、最終的に高梨5位、渡瀬9位、岩渕22位、田中26位と2回目に伸ばすことは出来なかったが4人とも2回目進出を果たしワールドカップポイントを獲得した。優勝はアメリカのサラ・ヘンドリクソン。2位がコリーヌ・マテル(フランス)。▼記録はFISの公式HPより

サンタの街で2011/12/06 22:32

北欧、フィンランドのロバニエミはサンタクロースの街として知られている。今シーズンから始まったスキージャンプの女子ワールドカップ。開幕戦(3日、ノルウェー・リレハンメル)に出場した高梨沙羅、渡瀬あゆみ、岩渕香里、田中温子は事前合宿と前哨戦のコンチネンタルカップ参戦のため、この「サンタの街」に滞在していた。■高梨はコンチネンタル第2戦で優勝するなど、始めは良いジャンプは出来なかったが日に日に調子を上げていった。優勝したコンチネンタル第2戦は本人も納得の良いジャンプだったという。■歴史的シーズンのスタートを過ごした異国の街で、試合や練習の合間に「サンタパーク」を訪れ楽しいひとときも過ごした。帰国した6日、田中と高梨はサンタパークのコインを見せてくれた。■報道陣が「サンタにお願いしたものは何?、『大きな袋に金メダルを入れてきて』とお願いしなかったの?」と聞く。すると高梨は「プレゼントのお願いは何もしていません」「メダルは自分で取りにいきます」と言って笑った。

鉄平選手も脱帽2011/12/10 16:52

雪の北海道恵庭市。ロンドンオリンピックを目指す陸上女子短距離の福島千里選手(100、200mの日本記録保持者)の本拠地。■オールシーズントレーニングできる北海道ハイテクインドアスタジアムに9日、姿を現したのはプロ野球、東北楽天の鉄平選手(09年首位打者)。■互いの管理栄養士同士の縁で、鉄平選手がレッドコードなどを使ったトレーニングに興味を持ち合同練習が実現した。この日は、同僚の牧田明久選手、横浜DeNAの渡辺直人選手の3人が、仁井コーチの指導のもと北風沙織選手が手本を示しながらおよそ2時間練習を行った。■「軽い練習で」と鉄平選手はリクエストしたが、不安定な状況で体幹などを鍛える練習に強者のプロ野球選手が悲鳴を上げる場面も。■ミニハードルやマークを使ってランニングコースで行った後半の練習では、福島選手と鉄平選手がランニング対決する場面も。福島選手が2戦2勝。その後も福島の走る様子を見た鉄平は「軽ーく、走ってる感じなのに『キーン』とはっぇーなぁ」と驚嘆、半ばあきれるような表情を見せた。■プロスポーツの世界で生きるトップ選手の来場に刺激をうけたのか、この日、福島は新た壁を突き破った。短い間隔で並べたハードルを連続ジャンプで飛び越えていくトレーニング。男子でもなかなか出来ない6台連続を福島はクリア。初めてのことに大喜びした。■ハイテク流トレーニングを経験した3選手も福島をベタ褒め。楽しそうに走る姿に共感する(渡辺)、ロンドンでの活躍が楽しみ(牧田)とエールを送った。■福島は「北海道まで来て頂いて嬉しく思う。もっともっと応援したくなった。競技は違ってもいろいろな刺激を受け、学ぶことがたくさんある。走ることが基本というけれど陸上も他のスポーツから学ぶことがあり、今後も吸収していきた」と話した。

おめでとう千葉ちゃん2011/12/17 02:54

元陸上長距離選手で1996年アトランタ五輪代表、世界選手権では1997年アテネ大会女子1万メートル、2003年パリ大会女子マラソンで銅メダルを獲得した千葉真子さんの結婚が報じられている。千葉さんのブログにもその報告が。お幸せに!おめでとうございます。■オリンピックや世界選手権のトラック、マラソン両方でのメダル獲得はザトペックら男子でも僅かしかいない偉業。ダウンヒルで非公認だが、10kmロードで31分突破、ハーフマラソンでは世界最高レベルのタイムも出すなど傑出したランナーだったが、シドニーイヤーでの頓挫や現役を送ったのが日本の女子マラソン最強時代に重なったことなどから五輪出場はアトランタの1度だけ(1万m入賞)。北海道マラソンでの3度の優勝も印象に残る。■NHKのケイタイ大喜利やディープピープルなどテレビ出演でも、深く楽しい活動も。更なるご活躍を!<ダウンヒルの記録に関する箇所を追加訂正>

頂へ!2011/12/27 05:14

久しぶりのブログ更新。最近、つぶやきもなく・・・というのは、番組の制作で缶詰状態でした。50も近付いて、徹夜続きは厳しい。■北海道内のみの放送ですが、年末のスポーツ番組の制作を担当しました。今年の北海道内のスポーツはコンサドーレのJ1昇格、リーグ戦で3万9千人が詰めかけた迫力も凄かったです。FIFA女子ワールドカップで活躍した熊谷紗希選手は札幌出身。で、年末特番もサッカーかというところですが、さにあらず、北海道日本ハムの中田翔選手と陸上短距離、北海道ハイテクACの福島千里選手を特集しました。■今回の番組では1年の振り返りに止まらず、2012年の活躍が期待できる選手!というのテーマもあります。プロ4年目を勝負の年として臨んだ中田翔選手。良いことも苦しいことも、本当に多くのことを経験したシーズンだったと思います。2012年への決意も聞いています。そして、私が担当したのは福島選手のパート。秋に取材したインタビューを紹介しきれないところが多かったので、なんとか、更に詳しくお伝えできないかと構成を練り直して企画を提出したところ、放送が実現しました。■このブログの読者の方、10月の「みちゅスポ」をご覧になった方には、既にご存知の点もあるとは思いますが、まとまった形にしていますので、見応えがあるはずです。勿論、未公開映像も織り込んでいます。■UHBスポーツスペシャル番組のタイトルは「頂へ!若きアスリートの挑戦 中田翔×福島千里」北海道内、29日午前9時55分からの放送です。・・・おっと、27日にはスーパーニュースに福島選手、寺田明日香選手が生出演します。さらに、30日の午前9時55分からフジテレビで放送の「国分くんちのスポーツ忘年会2011」にも福島選手にまつわるパートがあるようです。北海道内でも放送します。是非!ご覧ください。

訂正します!2011/12/28 16:51

27日のUHBスーパーニュースに陸上の福島千里選手、寺田明日香選手が出演した。恵庭の北海道ハイテクノロジー専門学校インドアスタジアムからの生中継。中継先のリポート、進行役をおおせつかり私もインドアへ。■番組内で「福島選手に密着取材を続けている」とスタジオからキャスターの松本裕子さんが私を紹介。中継の終盤で、29日放送の福島選手を取材した番組の紹介の際にも「密着したんですよね」と念を押す。・・・あの、それは正確ではありません。■確かに福島選手の素顔を紹介すべく、練習や試合、インドアで仕事をしているところ以外の取材を申し込みはしました。しかし!答えはノー!■日本の陸上女子短距離界の閉ざされた扉を開け続ける福島選手だが、オフ取材に関してはその扉は固く閉ざされ、何度、扉を叩いても、決して、開くことはない。思いは道を開く!はずなのだが、ネールサロンとか、ショッピングとか、ふるさとで家族とくつろいでいるところとかさぁ、そうゆうの取材させてよ!とお願いしても、そこの線引きはしっかりしている。さすが短距離選手!(セパレートコースという意味です)。コース侵害は失格なのだ。■なので番組スタッフに「密着って言わないで」とお願いしたものの、とほほである。取材の調整をしてくれる畑善子さんにも申し訳ない。多くの社の担当者からも多様な取材希望が出ているはず、でも、ロンドンオリンピックを見据えて、逆算して、できるもの、できないものと考えて、対応を決めている様子。例外を作ると調整は難しくなってしまう。なので「UHBだけ密着させているのか?」などと誤解を招くことはやめてほしいのだとスタッフにお願いしたのに・・・。■選手の特集なら密着パート当然ありだよね?と言う人もいる。が!はっきり言っておこう。今回の放送!密着はない!!断じてない!・・・ただ、これだけは言える。そんなものなくても十分、面白い!・・・はず。29日午前9時55分放送。