暑い札幌2012/07/01 01:18

きょう(30日)は札幌国際ハーフマラソン(1日、札幌円山競技場発着)の記者会見に行ってきました。会場のホテル1階ではナンバーカードの受け渡しが行われていて、コニカミノルタの酒井監督や上武大学の花田監督にもお会いしました。■会見の様子は報道されているのでこのブログでは特に触れませんが、やはりオリンピックに出場する藤原新選手、山本亮選手への関心の高さがハッキリでていました。藤原選手は「自分はなるべく、変わりなくと思っています、皆さんの盛り上がりは十分感じています」と笑顔、1万29分2本、5千メートル13分台と質も高い走りができていますよね。■山本亮選手も大舞台に向け着実にステップアップしているようです。夏冬関係なく経験を積みながら成長していきたい、びわ湖の前にはできなかった練習もできるようになってきているとのこと。初マラソンが夏の北海道だったこともあり夏のレースに関して聞くとレースそのものよりも準備段階、練習のダメージを残さないことなどを注意点として上げていました。■明日の走りも勿論、ロンドンを意識したレースとなると思いますが、ゲディオンやマサシとは絡みかたが違うはずなので、ポイントを見逃さないようにしておきたいですね。■会見からもどるとリードしてしていた日本ハムが大敗、コンサドーレも終了間際に失点。ダメージあるな・・・と感じました。■ジャマイカ選手権の結果などもチェックすると、フレーザー、10秒70ですか。クリスティーン・アーロン(フランス)と並んでいた自己ベストを更新しました。北京とロンドンの2大会連続金もあるかもしれません。

風が強かった2012/07/01 21:38

藤原新選手、山本亮選手ともロンドンへのアプローチは順調のようですね。前回のタイトル、「暑い札幌」は本文の内容と合致していませんでした。記者会見で札幌の暑さについてのやりとりがあったので、そのことを書こうと思っていてすっかり、忘れていました。■北海道はもう少し涼しいはずなのに、暑くなってどうか?との質問があり、藤原選手は「2月の東京も冬にしては暑かったし、5月のロンドンの試走の時も暑くなった。自分は晴れ男、北海道が暑いのも僕のせい、明日もきっと暑くなるでしょう」と答えると山本選手は「びわ湖も、日本選手権も雨だった、僕は雨男だけど、今回、北海道が晴れたのは藤原さんのパワーだと思う」とユーモア溢れる展開だったのです。■藤原選手の「予言」通り、1日の札幌は晴れました。プラス、強風が吹いていました。男子優勝のマサシ選手は「風が強く思うようなタイムが出せなかった」と振り返り、女子優勝の伊藤舞選手は「前半、向かい風だったので、帰りは追い風になると思ったけれど、そうでもなかった」と。■藤原選手は、マラソンを想定して後半もがきながらも粘るレースができれば、と考えていたようですが、日本人トップにはなりたかったし、アフリカ勢の何人かには勝つことができたと手応え十分。■山本選手は追い風でスピードに乗ることができなかったが、質を高めている藤原選手とはマラソンへのアプローチの方法が違っているので結果については気にしていない様子で、大きな目標に向かったこちらも自信を深めているようでした。