Steeplechase2012/08/06 02:05

エチオピア、ケニアといった東アフリカ勢はともかく3位に入ったペトロワアルヒポワ(Petrova Arkhipova Tatyana)は失礼だが、意外な選手だった。経歴をみても特に目に止まる記録もない。これまでのマラソンベストはベルリンの2時間25分台。1万メートル32分台。5千メートル、15分46秒台。但し、3000m障害(Steeplechase)では大阪の世界選手権に出場している(銀メダル)。3000m8分44秒。3000mSCが9分09秒19。これだけでロンドン五輪のマラソンコースは障害の選手に向いているという実証にはならないが、興味ある偶然だ。■ロンドン五輪女子マラソン:優勝GELANA Tiki 2:23:07、2位JEPTOO Priscah 2:23:12、3位PETROVA ARKHIPOVA Tatyana 2:23:29▼成績追加

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2012/08/06/6532184/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。