高校総体男子5千M2012/09/01 14:03

1ヶ月前の8月1日、新潟で行なわれた全国高校総合体育大会(インターハイ)の陸上男子5000メートル。優勝は13分46秒30でカレミ・ズク(豊川)、2位がジェームズ・ドゥング(札幌山の手)、そして3位には平和真(豊川工業)が13分55秒64で入った。ロンドンへ出発する前日の試合だったが、後日、映像を見た。■平選手、良いですね。ふるさとの若きランナーの活躍、嬉しいです。渡辺監督は豊橋埠頭で行なわれた愛知高校駅伝の1区で一緒に走った経験があります。中京、名電、岡崎城西といった強豪校の選手はともかく、豊「橋」工業を除く東三河の選手には負けないと思っていたのですが・・・。新城(しんしろ)の1区って誰?と置いていかれながら思った記憶が・・・。遠い昔のことですから、記憶違いかもしれませんが、ふと、思い出します。■今は尾張・名古屋地区より東三(とうさん)地区が全国の高校長距離界をリードしているのですね。とよこう(豊橋工、豊川工業)、かわこう(豊川工、豊川高)と狭い地域でも略した呼び方が混在していましたが、今はどうなんでしょう・・・。【追記】新城東(しんしろひがし)も「しんとう」と呼ばれていました。

コメント

_ 鈴木博信 ― 2012/10/06 22:28

豊川工業の渡辺正昭監督に関する本、『たすきがくれた奇跡 豊川工業高校陸上部物語』が版元に残っていて苦労して入手しました。素質のある選手を集めて、そこそこの成績を残すのはそんなに難しくありませんが、渡辺監督の凄いところは、素質のないド素人のような選手も成長させているところ。この本にはその苦闘の歴史が詳しく書かれています。読んで本当に驚きました。
素質のない選手を伸ばす引き出しの多さは、小出義雄監督とも共通しています。レベルの高い愛知で豊川工業の連覇が続いているのは、ひとえに渡辺監督の指導のお陰だと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2012/09/01/6561733/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。