2013北海道マラソン2013/06/04 00:06

今年の北海道マラソンは8月25日です。

鹿角花輪ジャンプ競技場2013/06/04 01:46

スポーツの取材をしていると、選手たちがいろいろな場所へ連れて行ってくれる。2010年、当時中学3年だった高木美帆選手がオリンピックの代表になった。これは取材しないわけにはいかないだろうと、カナダ・バンクーバーに行く機会を得た。◆ジャンプを長く担当していたので、バンクーバー五輪ではウィスラーにも行った。そこでテストジャンパーをしていた田中温子を見た。解説の小野学さんはかなりやせてらして、高い放送席に上がるのに、実況担当アナウンサーが綱を巻いて、サポートしていた。◆1年半後、田中にインタビューしたのが、秋田県の花輪ジャンプ場だった。国内の様々なジャンプ台に行った。秋田県鹿角市にあるこのジャンプ台は岩手、青森との県境に近く、アクセスの手段は秋田市内からばりではない。田中にインタビューした2011年は盛岡から入った。研修宿泊棟や体育館、陸上競技場など運動施設が整っている。管理を東京美装がやっており、去年引退した小山内君は今、そこに勤めているのではなかったか。行っていれば顔をみることもできたのかな。◆このジャンプ台、2007年2月にも行っている。わか杉国体が行われていた。大けがから復帰した金子選手を取材するためだった。その時は夜行列車で函館経由で大館へ。そこからバスで鹿角に行った。後に金子選手の妻となるひとみさんら小さな応援団はマイカーでフェリーを利用して秋田国体にきていた。◆復帰最初のサマージャンプで金子選手が優勝したのもこのジャンプ台だったが、雪上シーズンでの復帰優勝も鹿角だった。そのとき、金子選手はテレマークを入れなかったので、一戸選手に負けたと思ったらしく、はじめ不機嫌そうだったが、優勝であると確認すると、応援にきていたひとみさんのもとへ駆けていく。この場面を撮影した映像はさまざまな番組で放送された。◆2007年のわか杉国体には、成年Aに長野から竹内択、北海道から湯本史寿が出場。少年組(高校生)は栃本、原田、鈴木と北海道勢が表彰台を独占した。成年Cというのがあり、その優勝は東京の松井直也だった。・・・トリノ翌年のこと、あれから6年以上、歳月は流れている。