育成型選考方針①2013/06/21 00:32

2016年のリオデジャネイロ五輪に向け、日本陸連がマラソン代表選考の方針を打ち出した。リオまでに残された時間を最大限にいかし、強化・育成に主眼をおいた強いマラソン日本復活策。代表選手の選出方法に関してはアメリカのような一発選考とは対局にある。■なぜアメリカが1発選考か。それは国の成り立ちや人口、文化など社会背景もあり、そうせざるをえないからという側面もある。また1発選考ではないが、誰を選んでも優勝候補というようなケニア、エチオピアなどとも日本の場合、おかれている状況が違う。■選考方法を人事制度に例えるなら、問答無用で上位3人を代表に決める1発選考は「成果主義」。過去も未来も問わない1度のチャンスでの結果のみが問われ、その結果のみに報いる「結果至上主義」。非常に分かりやすい。■一方、今回、日本陸連が示した方針は、「プロセス」や「可能性」も考慮にいれる能力主義的なもの。成長や育成に主眼がおかれている。目標を掲げ、定期的に行う面談などでフィードバックし、能力を高めていくシステムだ。この人事制度の成否は、査定基準や考課者の力量にも左右される。■1発選考が分かりやすいのにも関わらず多くの国や競技で、その一発選考をやっていない。理由はいくつもあるのだろうが、そのひとつに「そもそも選考会の目的は何か」という点にある。分かりやすさのためにやっているわけではなく、問われている成果は「その先」でのものだ。■「選考会」の結果が真っすぐ反映されたとしても、その先での失敗が続くようでは意味がない。日本の陸上界においてマラソンはメダル、入賞を狙う重点種目だ。天才が現れ、日本に栄光をもたらすこともあるかもしれないが、現状では地盤沈下が激しく、誰を選んでも肝心のその先の戦いに光明を見い出せない状況になりかねない。だとしたら、突然、強い選手の出現する奇跡を待っているだけではなく、何か手を打つ必要があったのだ。【つづく】

コメント

_ りゅういち ― 2013/07/21 15:24

まさに「思いつきや空想、未確認事項もある」ブログですね。

なぜ日本のマラソン選考会が<世界選手権+3つの国内大会> という歪な選考方式なのか。
福岡国際=朝日系、東京=フジサンケイ系と読売系の隔年、びわ湖=毎日系・・・というメディア(と広告代理店)とのしがらみによるものであることを勉強して書かないとダメでしょう(笑)

選手の大半は一発選考のほうが納得出来ますし、そもそも、一発選考レースに合わせられないような選手を情実で選んでも、本番での一発勝負に合わせられるはずはないですよ。

_ 管理人 ― 2013/07/22 12:54

「りゅういち」さまコメントありがとうございます。複数レースによる選考方法への批判の多くは→メディアとの関係、狙ったレースで結果を出すか否か、納得性が高いかという点が多く上げられます。特に主催するメディアへの批判は批判する側の「正当性が高く聞こえる」不勉強な批判だと予てから感じていました。その点についても触れようと考えていおりますので、今後の記事をお待ちください。ただ、ここでも指摘しておきたいのが、陸連が選考に際して重要視しているのが「情実」では選出しないという点です。さらに重要視しているのが、オリンピック本番での成果です。マラソンが期待され、注目される競技であり続けたいという姿勢です。◆「りゅういち」さんのコメントの中にある、大会と関係するメディアについて正確でない点があります。また大会によってはもはや陸連やメディアの意向、影響力が及ばなくなっているものさえ存在します。情勢状況は変化しています。◆陸上界が強化に必死の姿勢を見せている現象がありました。今年の世界陸上の女子マラソン代表を枠5人に対し3人とした点です。「メディアとのしがらみ」があるのなら、世界選手権を中継するテレビ局は日本選手の出場が減る点をよしとしないはずですし、選考会を開いたメディアに対しても日本人トップ選手を代表に選ばないという事態はないでしょう。陸上競技・マラソンの隆盛なくして、選手も、関係者も、ファンも喜ぶ状況は生まれてこないのです。選手を育てることが急務なのでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2013/06/20/6871345/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。