育成型選考方針③2013/07/29 01:08

今年6月に日本陸連が示したリオデジャネイロ五輪のマラソン選考方針。内容を整理すると→①1発選考はしない(複数のレース、複数の要素から選考する)。②2015年に北京で行われる世界選手権(世界陸上)のマラソンで入賞(8位以内)した日本人トップ選手は内定。以上の2点がはっきりしている。■①の1発選考をせず、複数の要素から選手を選考する点については必要条件と十分条件を設けている。その両方を満たすかどうかだ。■まず、必要条件だが、これは選考のテーブルに乗る条件。それは3つの選考レース(男子は福岡、東京、びわ湖。女子は横浜、大阪、名古屋)で日本選手3位内に入ることとしている。これは必要条件であって、ここの順位を逆転して代表となることもある。■3つの選考レースで日本勢上位3人に入った選手が代表に選ばれるための「十分条件」は次のようなものだ。まず優先されるのがタイム。男子2時間6分30秒、女子2時間22分30秒というハイレベルな記録を日本陸連は目標記録として設定している。必要条件の選考会日本勢3位内の選手がこの目標タイムをクリアしていれば十分条件も満たしていることとなり代表になる。が、更に選考が必要になる場合がある。代表枠を超えて必要十分条件を満たした選手がいる場合と、選考対象者が設定タイムによる十分条件に届いていないケースである。次なる十分条件となりうるものは、リオデジャネイロの環境下への適応力となる。この要素を計る材料は、各レースの気象条件やコース、ペース変化への対応力、夏場に行われる北海道マラソンで収集するデータも勘案される。また、レース以外でもナショナルチームの合宿の内容も代表選考の要素となる。そして、五輪代表選出にはナショナルチームのメンバーが優先されるなど、「ナショナルチーム」であることが重要視される。ナショナルチームは2014年春から発足をさせるとしている。【つづく】

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2013/07/23/6912769/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。