ぜひ伝えたい2つのこと2014/04/17 20:49

16日、東京で全日本スキー連盟のソチオリンピックメダリスト祝賀会が行われた。来賓の森喜朗元首相の祝辞があった。森元首相とソチ五輪といえば、発言の全容は知らないが浅田真央選手に関するコメントがとりざたされたこともあり、スピーチでずっこけないか、どんな話をされるのかと、少しいらない心配をしながら聞いていた。◆祝辞は「2つのことを言わなければならない」という宣言から始まった。その1つめは「葛西君、おめでとう!」。個人で銀、団体で銅を獲得したソチのメダルの祝福ではなかった。「『おまえしかいない!』と言われたそうじゃないか」とレジェンド結婚への祝いの言葉だった。そして、「ぜひ言わねばならない」もう1つのこと。それは、所属チーム、所属クラブの話だった。◆全日本スキー連盟の登録競技者でメダルを獲得したのはスキージャンプの葛西紀明、伊東大貴、竹内択、清水礼留飛、ノルディック複合の渡部暁斗、フリースタイルスキーHPの小野塚彩那、スノーボードHPの平野歩夢、平岡卓、SBアルペンの竹内智香の7選手。森元総理は「土屋ホーム」「北野建設」「雪印メグミルク」「バートン」「広島ガス」「フッド」「石打丸山スキークラブ」と各選手の所属会社、所属クラブを紹介。選手を支えるのは大変なこと。所属チームにはお礼を申し上げたいと挨拶を続けた。◆オリンピック競技は4年に1度「異様なほど」盛り上がるが、それ以外はメディアの露出や、投じたエネルギーや成果に対する、うまい言い方がみつからないが「見返り」「対価」は少ない。その中でも冬季競技は「冷遇」されているのが現状だ。目立たぬとも支えたスポーツを支えるチームへの敬意とそれがメダルに繋がったことへのお祝いでもあった。◆◆【追記】2020年東京オリンピック開催、成功に向け、日本全体のムード、ムーブメントは高まっている。メディアもそう!。反応はこれまでよりも良いはず!だから少しでも多くの方に、スポーツ支援者になってもらいたい。と私は願っております!

竹内択のことば2014/04/18 01:46

上村愛子の涙ポーズ、葛西紀明の個人派手なガッツポーズ一転団体の涙、メディアの前では気丈に振る舞った高梨沙羅、浅田真央のフリー、羽生結弦のパリ散、カーママ・・・印象深いシーンは数々あったソチ五輪。2ヶ月が経つが、私の中で印象的なことばを記しておきたい。それはジャンプ団体で銅メダルを獲得したあとの竹内択選手がミックスゾーンで話したことばのこと。◆日本語では「団体」と表記するが、英語では「Team」。竹内選手は「日本チーム」でとったメダルとコメントしたのだ。その中で、国内大会で切瑳琢磨した仲間たちがあってとれたものだと口にしたのだ。団体には出場機会のなかった渡瀬雄太を含む五輪代表だけではい。スキージャンプに携わる仲間たちのお陰で獲得できたと話していたのだ。

ある日の休日2014/04/25 00:46

3月末まで平日の午後帯の放送を担当していたが、新年度に入り担当が変更になった。そのためということでもないが、平日に休みをとれるようになった。その日も平日の休みだったので金融機関に行き手続きをするなどした。ホームセンターで小物を見たり、ステイショナリーショップで文具を見たり。この2年は目の前のものに追われていて、散らかしっぱなしだったが、少し整理整頓ができるのではないかと、前向きな気持ちになりつつある。片付かないのは精神衛生上よくない。

2014年度2014/04/27 23:22

新年度、担当が変わったとこのブログにも書いているが、スポーツ関係を担当する点には変りない。今年度も北海道マラソン、スキージャンプなどは引き続き関わっていく。新たに担当することになるのは中央競馬。久しぶりです。

右代8143点2014/04/27 23:31

日本新記録です。4月26&27日@和歌山◆Twitterぼいですが、おめでとうございます。

ピーキングと再現性2014/04/30 00:59

陸上競技のトラックシーズンが開幕した。100m9秒台の期待がかかる日本男子短距離陣は今、新たな段階に踏み出している。前年10秒01がでたこともあり今年の織田幹雄記念陸上も注目された。桐生は予選を10秒10。上々である。報道によると右大腿部裏(ハムか)の張りで大事をとってこの日は1本。決勝を制したのは200が本職の高瀬慧で記録は10秒13(+0.7)。これは昨年、追風参考で桐生(10秒03)、山縣(10秒04)が競り合った決勝と同等、あるいはそれ以上のものという気がする。◆今の日本男子短距離陣が「新たな段階に踏み出した」といえるのは、その眼差しが向いているところだ。それが表題に記した「ピーキングと再現性」だ。新記録は欲しい!それも「日本人初」とか「10秒の壁を突破」とか、記念すべき記録であればなおさら欲しい。しかし、彼らは目先の恍惚ではなく、その記録の真価にこだわり始めている。いわゆる「一発引っかかった」というものではなく、真の速さと強さを求めているのだ。「狙った場面で」、「繰り返し」、できるか!である。◆開幕戦は大事、ただ、それはオフにやっていたことが間違っていなかった、うまくシーズンに入っていけた、開幕ダッシュで波に乗りたいなど幾つかのチェックや希望が叶えられるかというものにすぎない。「目をつむって目一杯振ったらホームランだった」「目先の餌にとびついて火傷した」というのでは意味がない。◆おそらく、彼らがイメージしているのは世界選手権やオリンピックといった舞台で1次予選10秒1台、2次予選10秒0台、準決勝9秒台でファイナリストへというもの(組み合わせや条件で更にシビアな条件も想定)。そのためには何をどうしたら良いのか、そういうことを本気でシミュレートしているのではないだろうか。織田記念での10秒00より、五輪での10秒09予選クリアの方が価値が高いのだ。◆桐生の決勝棄権の決断、そして、高平が日本短距離陣のリーダー的存在と後継指名していた高瀬の100メートルでの快走。今年の織田陸上は記録誕生以上に価値のある大会となった。シーズンが進み、それが証明されることとなるはずだ。◆因に、男子100メートル日本記録10秒00(1998@バンコク)の伊東浩司は報徳高校時代国体400m優勝。東海大、富士通でもロングスプリント系での活躍を経て100で非アフリカ系の最高記録を叩きだした。印象にすぎないかもしれないが200が強いと100の可能性を広げる。100でも高瀬が日本短距離界の中心に踊り出て行く可能性だって大いにある。この日、桐生の棄権で決勝時、会場のムードは若干、沈んだのかもしれないが、今の日本男子短距離陣への期待が萎むものではない。4位に終わった山県、もちろん桐生その人。そして大瀬戸、ケンブリッヂや小池といった活きの良い選手たちも台頭してきている(10秒3台でもA決勝に残れないのか!)。これまで見たことのない領域まで突き進んでいく予感さえある。楽しみだ!【訂正4.30】伊東浩司インターハイは優勝は間違いでした。寺田辰朗さん、ありがとうございます。