御礼2014北海道マラソン2014/09/03 01:56

2014北海道マラソン(8/31札幌市)は男子が辻茂樹(大塚製薬)、女子が野尻あずさ(ヒラツカ・リース)の優勝。2016リオ、そして2020のTOKYOへ、夏をどう戦うか注目されるなか期待たかまるレースをみせてくれました。ここを走った人たちが間違いなく、日本マラソン界を盛り立ててくれるでしょう。■25キロ過ぎから、仕掛けて、仕掛けてレースを動かした松尾良一(旭化成)は大会を盛り上げた一人です。中学、高校と無名、旭化成に入ってもトラックや駅伝ではなかなか表舞台に出ていませんが、マラソンで勝負してやると、20歳でマラソンデビュー、メジャーといわれる大会ではありませんが優勝も経験(大田原)。海外のレース(パリ)にもチャレンジしました。今年延岡で2位に入り、世界を意識し、夏の北海道に挑みました。解説の金哲彦さんは、走りが柔らかく長い距離向き、マラソンで成功する可能性が高いと期待を寄せていました。■NT(ナショナルチーム)の一員、注目を集めた酒井将規(九電工)は、NTに勝って名を挙げたいという面々のいわば包囲網にあうキツイ展開。試合前から取材、会見、セレモニーと「ナショナルチーム」のプライドを背負ってレースに臨みました。終盤まとめて3位には食い込めそうな感じでしたが、ラスト争いに屈し4位。絵に描いたようなある意味正しい主役の負け方となってしまいました。本人は相当悔しいでしょう。25キロで松尾がスパートしたとき、対応しきれなかったのが全てです。2年続けて「自分から行っていれば」という思いをしているのではないでしょうか。ただ、走りの感じ、雰囲気はマラソンで活躍するであろう雰囲気があります。なかなか勝てないまま、五輪、世界選手権で連続入賞した中本健太郎タイプかもしれません。■15キロ過ぎの給水で転倒した選手がいました。前のナンバーカードが破れ落ちてしまい、どの選手が判別できなくなり放送では紹介できませんでしたが、粘り強い走りを見せていました。20キロ地点で集団から5秒の差がありましたが、中間点では追いつき、酒井、シノザキ昌道(日立物流)、押川裕貴(トヨタ九州)、鈴木卓也(愛三工業)、宮田越(アラタプロジェクト)らと3位グループを形成。最後の最後まで3位争いを演じました。黒系のユニフォーム(以前は黄色がそのチームのユニフォームの色でしたが今年の東京マラソンで快走しアジア大会の代表になった松村康平が身にまとっていた同じものでした)を着ていたその選手。朝、黒木監督の顔を見たので、気づくべきでした。三菱重工長崎の岩田勇治です。この辺りの選手はきっとこのあと台頭してくるはずです。マラソン日本復活に期待を寄せるみなさん、どうぞ覚えておいてください。

ますます飛躍を!2014/09/03 02:36

鱒鮨をいただきました。おいしかったです。■野尻あずさ選手は誰も歩んだことのない道を突き進みます。スキーから陸上に転向、第一生命で吸収した陸上マラソンのノウハウも活かしながら、一人で、そして、練習の場所をもとめて、マラソン道を極めようとしています。■増田明美さんは「修行僧」「女・宮本武蔵」のようだと話します。走行距離は膨大です。練習で!と参加した北海道マラソン。レースは大勢の人と一緒に走れる、大会ならではの緊張感も味わえる。練習とはいえ、目標へ、今このとき、一瞬たりとも無駄にしない、一期一会の心とテーマを持ってことにあたる姿勢。■今回、大きなテーマは「ゆとりを持って終盤を迎える」。だから森選手に先行を許しても動じなかったのでしょう。そしてスイッチが入ると!見事な大逆転劇。18分台に落ち込んだスプリットをペースアップ。30キロで1分以上あった差をひっくり返して、更に5分もの大差をつけるのです。最後の2.195キロは7分38秒で上がりました。スゴい!■「暑さは感じなかった」とケロリ!「きょうは勝てましたが2時間半では箸にも棒にもかからない」と見つめる先の高さを感じさせるコメントをサラリ。嫌みや強がりじゃなく、自然と言ってのけるのです。本当に楽しみです。夏の北海道から大きな飛躍を感じさせてくれました。「マスマス(鱒鱒)」のご活躍を