御礼2014北海道マラソン2014/09/03 01:56

2014北海道マラソン(8/31札幌市)は男子が辻茂樹(大塚製薬)、女子が野尻あずさ(ヒラツカ・リース)の優勝。2016リオ、そして2020のTOKYOへ、夏をどう戦うか注目されるなか期待たかまるレースをみせてくれました。ここを走った人たちが間違いなく、日本マラソン界を盛り立ててくれるでしょう。■25キロ過ぎから、仕掛けて、仕掛けてレースを動かした松尾良一(旭化成)は大会を盛り上げた一人です。中学、高校と無名、旭化成に入ってもトラックや駅伝ではなかなか表舞台に出ていませんが、マラソンで勝負してやると、20歳でマラソンデビュー、メジャーといわれる大会ではありませんが優勝も経験(大田原)。海外のレース(パリ)にもチャレンジしました。今年延岡で2位に入り、世界を意識し、夏の北海道に挑みました。解説の金哲彦さんは、走りが柔らかく長い距離向き、マラソンで成功する可能性が高いと期待を寄せていました。■NT(ナショナルチーム)の一員、注目を集めた酒井将規(九電工)は、NTに勝って名を挙げたいという面々のいわば包囲網にあうキツイ展開。試合前から取材、会見、セレモニーと「ナショナルチーム」のプライドを背負ってレースに臨みました。終盤まとめて3位には食い込めそうな感じでしたが、ラスト争いに屈し4位。絵に描いたようなある意味正しい主役の負け方となってしまいました。本人は相当悔しいでしょう。25キロで松尾がスパートしたとき、対応しきれなかったのが全てです。2年続けて「自分から行っていれば」という思いをしているのではないでしょうか。ただ、走りの感じ、雰囲気はマラソンで活躍するであろう雰囲気があります。なかなか勝てないまま、五輪、世界選手権で連続入賞した中本健太郎タイプかもしれません。■15キロ過ぎの給水で転倒した選手がいました。前のナンバーカードが破れ落ちてしまい、どの選手が判別できなくなり放送では紹介できませんでしたが、粘り強い走りを見せていました。20キロ地点で集団から5秒の差がありましたが、中間点では追いつき、酒井、シノザキ昌道(日立物流)、押川裕貴(トヨタ九州)、鈴木卓也(愛三工業)、宮田越(アラタプロジェクト)らと3位グループを形成。最後の最後まで3位争いを演じました。黒系のユニフォーム(以前は黄色がそのチームのユニフォームの色でしたが今年の東京マラソンで快走しアジア大会の代表になった松村康平が身にまとっていた同じものでした)を着ていたその選手。朝、黒木監督の顔を見たので、気づくべきでした。三菱重工長崎の岩田勇治です。この辺りの選手はきっとこのあと台頭してくるはずです。マラソン日本復活に期待を寄せるみなさん、どうぞ覚えておいてください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2014/09/03/7427206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。