男子ゴルフもジュニア奮闘③2014/09/19 15:12

高校2年生、16歳の片岡、トップ10も見えてきた終盤の17番ホール、こともあろうか2ndを林の中に打ち込んでしまった。■林からの第3打は低いボールで木の間を抜く。グリーンを捉えたかに見えたが止まらない。ピンも奥だったが更にその奥へ行っても止まらずこぼれた。グリーン奥は芝が短く刈ってあり、更にその奥の深いラフまで転がっていくようになっていた。奥のラフからピンまでは距離があるが、奥のグリーンエッヂからピンまでは近い。刈り込んでいる所にバウンドさせると止まってしまう。落としどころは僅かな狭いエリア。パー5でボギーを覚悟する場面だ。そこで片岡は本人命名の「ハーフ・ロブ」で50センチほどに寄せる。またもアプローチで凌いだ。■石川遼がアマチュア優勝をしてみせたとき、確かサスペンデッドがらみだったように記憶している。片岡にとっても石川はマバユい憧れのプレーヤー。首位と6打差では「石川プロがアマチュアのときにしたようなことには届かないと思うけれど1打1打に集中して少しでも上位にいきたい」と予選通過の目標クリア後の抱負を話す。■4アンダーは石川と同スコア、予選は2組違いでカード提出が近い。「明日は石川選手と同組だと思うよ」と伝えると「大スターと回れるなんて!光栄です!!」と目を輝かせる。「スゴく楽しみです。とにかく、プレーを見たいです」とゴルフ少年は素直な気持ちを口にする。あす、この組、大勢のギャラリーで囲まれること間違いないだろう。▶アマの主なタイトル:日本オープンローアマ、日本アマ、日本学生、日本ジュニア【追加】午後6時頃、3日目の組み合わせ決まる。片岡尚之と石川遼は同組とはならなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2014/09/19/7439072/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。