坂井義則さんと出雲駅伝2014/10/14 01:02

今年9月に他界した坂井義則さん。1964年の東京五輪聖火ランナーだった坂井さんは早稲田大学卒業後、フジテレビに進み、スポーツメディアの発展に多大な貢献をされました。■1982年に始まった東京マラソン(東京-ニューヨーク友好東京国際マラソン)、広島で行われた1985年マラソンワールドカップの翌年に行われたIAAF国際駅伝、瀬古さん引退の花道ともなった1988年スタートの国際千葉駅伝。NHK、民放が一体となった1964年東京五輪を除けば、それまで民放が生中継することが殆どなかったマラソン、駅伝の分野の番組の誕生と発展に重要な役割を担いました。■出雲駅伝もそうです。当初、駅伝という名称も襷の使用も許されなかった大会が今日のように駅伝開幕戦、学生三大駅伝として、発展するまでに辛酸をなめるようるな思いを何度もされてきたことだと想像します。■駅伝やマラソンの中継はテレビ技術の博覧会のようなものです。どう電波をつないでいくか、どんな映像、音を表現していくのか、制作者も出演者、コメンタリーも「筋書きのないドラマ」を見逃さず、組み上げていくか。スポーツですから予測できないことも起きます。競技の展開だけではなく、事象の進行などもいくつもケースを想定し、何日もかけて準備もします。その中には危機管理についてのものもあります。■高橋尚子さんが2時間20分を突破し世界最高を樹立した2001年のベルリンマラソンもフジテレビが中継しましたが、ベルリン入りする前、トランジットで降り立ったパリ、ドゴール空港で当地の苦い思い出を口にされていました。1990年、電波を中継するヘリが濃霧で飛ばないという事態に陥ったときのことです。そのときの経験から「Bプラン」といわれる実際には日の目を見ない中継計画がつくられるようになりました。■偶然にも翌2002年のベルリンマラソンは濃霧のためヘリが飛びませんでした。ドイツの放送局の全ての映像がカラーバーと呼ばれる信号画面。マラソンの映像が一切上がってこない中、(ところどころ不調な箇所はありましたが)高橋尚子を撮影するためフジテレビが投じた1台のカメラの映像だけはLIVEを映し出していました。■今年、出雲駅伝は台風の影響で中止になりました。テレビスタッフは嵐の中でも中継を実施する体制は整えていたことでしょう。何日もかけて。テレビスタッフだけではありません。大会に携わる人たち。そして選手たちも。この日のためにあらゆるケースを想定して臨んでいたはずです。伊勢も、箱根もない選手もいます。■それでも、参加する選手や運営に関わる係員、沿道の人たちに危険が及ぶ怖れがあれば中止もやむをえなかったでしょう。見守っていてくれる、きっと台風は避けてゆくだろうという願いは叶いませんでした。ただ、困難や試練、アクシデントに直面したとき、何をなすべきか・・・とても大事なことを考えさせてくれたのかもしれません。▶テニヲハ、誤字脱字、一部文言、直しました。【画像は2008年プログラムと制作資料の表紙】

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2014/10/14/7458176/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。