えき☆スタ2015/05/03 19:18

4月のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝した藤田光里プロ。中学1年の夏休みに当時札幌駅にあったUHBのサテライトスタジオ「えき☆スタ」に遊びにきてくれたことがあった。妹の美里さんと一緒に生放送に出演。注目のジュニア姉妹ゴルファーとして紹介した。■番組の中でゴルフ対決をした。スタジオにパターマットを敷いてパッティングで勝負!番組司会をしていた私と藤田姉妹。小6&中1相手とはいえトップ選手、ハンデをもらった。私はマイパターで。そして、姉妹は使用クラブを選べない。野球の金属バット、アイスホッケーのスティック、さらに傘を抽選カードを引いて使うことになった。■フェイス面がカーブしているアイスホッケーのスティックを使うことになった光里はまっすぐ転がらず、、、。美里は金属バット。丸みのあるバットだが芯で打った。ところが弱い。大ショート。「ショートはいけません!届かなければ絶対に入りません!!」私は容赦なく小6の美里を罵倒した。さらに自分だけマイパターでカップイン。今をときめく藤田姉妹を圧倒した。大人気なく。■藤田光里プロが逆転で初優勝をつかんだ奥からパターで打った第3打。「ビビらないように強く打った」という。外れても納得いくタッチというのは「ショートさせない」という点だったのだろう。あの「えき☆スタ」の対決があったからではないのだろうが8年ほど前のことを思い出してほくそ笑んでしまったのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2015/05/03/7626476/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。