仮称マラソングランドチャンピオンシリーズ設立2017/04/18 17:39

瀬古利彦日本陸連マラソン強化プロジェクトリーダーが決死の覚悟で「今、始めなければ間に合わない」とマラソン代表新方式導入へ強い決意を示す。「ファーストステージ(2017-2018)に結果を出した者が東京を目指す中心になっていくのではないか」と河野匡長距離マラソンディレクターが予測する。新方針のスタートには「すぐに動き出さなければ!」との危機感、切迫感があった。■2020のオリンピックへ向け日本陸連が打ち出したマラソン代表の選考方法は先日、このブログにも書いた内容に近いものだが、前回のブログになかった決定戦(仮称マラソングランドチャンピオンレース)で決める2枠のうち、2番目については「タイムアドバンテージ」が設けられている。派遣記録、男子2時間5分30秒。女子2時間21分00秒を突破していて速い派遣記録突破者が3位の場合、2位を逆転して代表入りする。■五輪イヤーに追加される3枠のうち男女残り各1名も、グランドCシリーズ参加経験(完走)、グランドチャンピオンレースの出場資格を有していなければならない。五輪前年春以降を含む五輪イヤーのみに彗星のように頭角を現しても間に合わない。五輪チャレンジのプランはもう始めなければならない!▶︎2017年8月追記:名称は「マラソングランドチャンピオンシップ」に、カテゴリMGCを追加

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2017/04/18/8491808/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。