偉業!快挙!世界最強「ジャンプ週間完全V」2019/01/07 02:58

日本の22歳が世界が驚愕する快挙をやってのけた。スキーのワールドカップ(W杯)より数十年も長い歴史を誇る欧州ジャンプ週間(Four Hills Tournament)で総合優勝を果たした。それも4戦全勝だ。▶︎ドイツ・オーストリアの4つのジャンプ台を舞台として年末年始に渡って世界最高のジャンパーを決する伝統の4大会はジャンプファンの熱狂で包まれる。その主役となったのが岩手県出身、札幌在住の小林陵侑(土屋ホーム)だ。日本人では1997-98年の船木和喜(北海道余市町出身、長野五輪個人&団体金メダリスト、現FIT)に続く2人目のジャンプ週間総合優勝となったばかりか、なんと4つの大会すべて優勝という驚くべき偉業を達成した。これは2001-2002のスベン・ハンナバルト(ドイツ)、昨シーズンのカミラ・ストッフ(ポーランド)に次ぐ史上3人目の快挙だ。▶︎4勝の勝ち方が「半端ない」。小林は今シーズンW杯初優勝を果たしばかりだが、この伝統の大会前までに4勝をあげW杯年間No1でもある総合優勝(オーバーオール)争いの首位に立っていた。世界のジャンプ関係者、ファンが今季彗星のごとく登場した極東の青年に関心の眼差しを注ぐ。総合首位の証し、イエロービブ(ゴールドゼッケン)をつけて臨む、伝統の大会。気後れし、力を出し切れずに終わることだってあったろうに、第1戦のオーベルストドルフ(2018.12.30)は1回目に138.5mのヒルサイズ(HS)越えのジャンプで首位に。2本目は伸びず薄氷の勝利ながら地元、ドイツのマルクス・アイゼンビヒラー、オーストリアのステファン・クラフトを従えて表彰台の真ん中に立った。▶︎新年1月1日のガルミシュパルテンキルへンでも1回目に首位。初戦との違いは2回目。飛距離こそ伸びていないように見えるがジャンプに不利な追い風を受けても、向かい風をもらった選手と遜色ない距離を飛び2連勝。▶︎圧巻だったのが第3戦のインスブルック。このジャンプ台のHSは130mだが、1回目に136.5メートルとHSを6メートル50も超えてしまう。その時点で2位と10ポイント以上の差をつける。そして、2回目は他の選手より1〜3段低いゲートから出て飛距離でも上回ってしまう。ゲートファクターも加わり、2位に25点以上もの差をつける圧勝。ジャンプ週間の総合優勝争いでもこの試合だけで2位の選手に40点を超える大差をつけてしまった。▶︎そして、迎えた6日の第4戦。ビショフスホーフェン。前日行われる予定だった予選が当日昼間へと変更になるハードなスケジュール。4連勝の期待が高まる異様な雰囲気、大偉業を前に尋常ではいられないであろうジャンプ週間最終選。夕方5時に始まった試合は風の影響か、最後に飛ぶ陵侑の前で、シグナルが青にならない。長い時間待たされた。静かに舞う粉雪が走路の積もる。助走スピードも若干出ていなかった。1回目は4位。陵侑がこの日までに上げたワールドカップ7つの勝利はすべて1回目トップから逃げ切ったものだった。クラフト、アイゼンビヒラーが陵侑より上位で折り返した。ジャンプ週間での総合優勝は素晴らしいが、負けて終わるのと、4戦全勝とでは大きな違いがあるだろう。だからそこ、今、世界で一番強いジャンパーの証明となる。2回目に王者の真価が問われる。そのジャンプは圧巻だった。追い風だった。最長不倒ではなかったが、それでも2回目最長の137.5メートル。飛型点も19.0と19.5が並ぶ。1本のジャンプだけで146ポイントのハイスコアを叩き出した。陵侑のあとから飛ぶ3人にもはや陵侑を凌駕する力などなかった。▶︎こうして小林陵侑KOBAYASHI,Ryoyuは船木和喜以来の日本人ジャンプ週間優勝を、史上3人目の完全優勝で飾ったのだった。▶︎ちなみにW杯総合優勝(年間優勝)争いでは現在956ポイント。2位ピオトル・ジオ(ポーランド)、3位カミラ・ストッフ(同)らに427点以上の差をつけている。個人戦は残り17試合。4位と優勝が9試合以上続くなど理論的にはまだまだ確定はしていないが、現実的には総合優勝はビッグチャンスである。今月下旬の札幌大会あたりで「当確」が点る可能性が大きい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2019/01/07/9022393/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。