夏見円選手の経歴⑦2011/05/21 02:33

ノルディックスキーのジャンプや複合では1度、引退した選手が復帰し、更に好成績を上げる例がある。フリースタイルスキーモーグルの上村愛子選手もそのまま引退するかもしれないし、復帰するかもわからないが一度お休みするとして昨シーズン、競技を離れた。そして、来季また競技に復帰する意向を示している。テニスの伊達公子選手のようなことだってある。◇クロカンにそれができるかどうかは別として夏見選手も再び挑戦する可能性は・・・それは「白紙」のようだが、ない訳ではない。とにかく、もう、休みなく走り続けていたのだから、今はひとまずお疲れさま!◇今季は市民レースに参加したり、子どもたちの指導に携わったり、スキー振興や愛好家と競技の垣根を下げる活動もしていく予定。

夏見円選手の経歴⑥2011/05/21 02:33

2010年バンクーバー五輪を最後に引退なのかな、と勘ぐったのだが、2011年の世界選手権はオスロ。ここはノルディックスキーヤーにとって特別な場所と話す姿を見て、引退はないと理解した。ただ、もうソチとか、4年後とかではなく、1年、1年頑張っていく、というような話をしていたようにも記憶する。◇考えてみれば、もう何年も引退のことも考えながら、それでも1シーズンごとに目標を立ててやっていたのかもしれない。

夏見円選手の経歴⑤2011/05/21 02:33

2010年のバンクーバー五輪の距離競技のスプリント競技は得意のクラシカル。これは運命だ!と好成績の期待が高まった。2009-2010シーズンに入るとワールドカップの成績などは突出してはいなかったが五輪を見据えて一発狙う雰囲気があった。個人スプリントクラシカルは2月17日、快晴。予選のタイムレースも順調に勝ち上がった。しかし準々決勝で敗退、あっという間に「目標にしていた」レースが終わってしまった。◇バンクーバーではチームスプリント、リレー、さらに30キロにも出場。この時、もしかして引退レースのつもりなのかな、オリンピックを、その舞台を、踏みしめようという気持ちなのかな?と想像し覚悟をきめた。リレーは1年ほど経過して失格チームが出て繰り上がりの8位入賞の知らせが届く。

夏見円選手の経歴④2011/05/21 02:33

2007年2月、ノルディックスキーの世界選手権が札幌で開催された。開会式の会場は札幌ドーム。大会初日の距離個人スプリントも札幌ドーム発着、世界で初めて距離競技がドーム競技場で行われた。そこで夏見選手は5位の快挙。20日の会見で「世界ランキングを考えたら奇跡に近かった。思った以上の力を発揮できた」と話した大会。◇2008年2月にはワールドカップで日本人初の表彰台(ストックホルム大会個人スプリントクラシカル)。2009年は世界選手権のチームスプリントで「長距離が得意」の石田正子選手と組んで4位入賞を果たす。

夏見円選手の経歴③2011/05/21 02:33

2004年からJR北海道の所属となった。2度目のオリンピックとなった2006年トリノでは福田修子と組んでチームスプリント(スプリント団体)で入賞、これは女子の距離競技五輪初の快挙だった。ジャンプやフィギュアのような取材重点競技ではなかったことから、放送する側は慌てた。ただ、トリノ取材担当の同僚は夏見選手の快挙を予想していた。◇この時、福田選手は引退を決めていたという話も有り、夏見選手は翌2007年に日本で行われる世界選手権を目指そうと引退撤回の説得をしたという逸話がある。

夏見円選手の経歴②2011/05/21 02:33

大学卒業後の居住地は広島。広島に本社があるチチヤス乳業は当時、中国山脈にあるスキー場の経営も行っていて、五輪を目指す夏見選手を所属選手として迎えた。初の五輪となった2002年のソルトレークシティは広島県から冬季五輪に出場。スケーティング(フリー)のスプリント(1.5km)で2次予選に進出した。タイムレースの予選を16位で通過。第1組3位(全体の12位)で準決勝進出を逃したがあと少しで世界に届くというレースをした。

夏見円選手の経歴①2011/05/21 02:33

網走出身。7月2日生まれ。こどもの頃はピアノや日本舞踊、スポーツは陸上競技もやっていた。クロスカントリースキーとの出会いは小学2年、友達がローラースキーを楽しそうにやっていたから。◇旭川大学高校、日本大学を通じて世代トップクラスで活躍。1998年の長野オリンピックは10代での代表入り目前だった。欧米選手に負けない高いポテンシャルを持つ五輪候補選手でも距離スキーを支援する企業は殆どなく進路決定は簡単ではなかった。

夏見円選手の経歴2011/05/21 02:32

◇経歴①クロカンスタート http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874611 ◇経歴②広島 http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874612 ◇経歴③トリノ http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874617 ◇経歴④次々歴史をつくる http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874619 ◇経歴⑤バンクーバー http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874623 ◇経歴⑥オスロへ http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874627 ◇経歴⑦今後は http://kondahomare.asablo.jp/blog/2011/05/21/5874633  ⇒文章が長かったので7項目に分けて書き直しました。

新境地へ2011/05/20 17:50

JR北海道スキー部が18日に発表した今年度の活動方針について20日、岡本英男新監督、夏見円、石田正子両選手が会見を行った。■15年に渡って距離スキー、ナショナルチームの看板選手として走り続けてきた夏見円選手は、国際舞台からの引退について「まだやれるかどうかは別にして、淋しさはある」「思い出に残る大会は5位に入った世界ノルディック札幌大会」と話した。今季の活動姿勢を決めた要因については「具体的な目標をイメージできなかった」からという。いずれもう1度世界挑戦をする可能性はあるかとの問いには「それはどうなるのか何も決まっていない」。■活動の拠点を海外に設ける石田は、「世界でもっと上に行くために」決断をしたという。クロスカントリー先進地に身をおき、更なるレベルアップを目指す。海外滞在日数はこれまでとそれほど変らないが、シーズン中の十数時間におよおぶ飛行機移動は大幅に減らし、時差調整などのコンディショニングや日常的な練習環境の充実を狙う。■特急列車から各駅停車に乗り換え、深呼吸して今後の進路を模索する夏見。ヨーロッパ超特急に乗り込むことに決めた石田。内容は変るが今後もJR北海道スキー部員として活動は続く。

夏見円選手2011/05/18 12:56

昨夜は、いや昨夜も、遅く帰宅すると「明日(18日、もう日付は変っているからもうきょうだ)は絶対に何もしない」と決めて、録りだめていたテレビ番組や自分で撮影したホームビデオの編集を明るくなるまでしていた。横になってそれほど時間が経っていない眠りの遠い意識の中で携帯が鳴り続けている。ディスプレーにはニュースのスタッフの名前。■「クロカンの夏見さんが引退するらしいが何か知っていますか」「コーチとか、本人とかに確認できますか」。・・・。寝ぼけていたためか、「え、何のこと?」全く理解できない。この時期、大雪山系でまだ滑っているんじゃないか?、「ごめん、JRの広報か、スキー部に聞いてみて・・・」。■電話の内容のせいか、寝不足のせいか、ドンドン意識が遠のいていった。2006年チームスプリント@トリノ、青空バックに手をふるスタート前の表情、地元、開催の世界選手権で5位に入りクリスタルを掲げる姿。ピンクのワンピでストックホルムの古い町並みを疾走し距離初のW杯表彰台。紅葉の恵庭渓谷の中をローラースキーで滑る。蛍光グリーンのポールを持って跳ねる様にウォーミングアップしていたバンクーバー・・・夢か現か。【画像は2010年3月】