医学生スプリンター2015/07/10 23:13

女医ナー!?へ
宮澤有紀(富山大学)医学部医学科5年生、長野・千曲市出身。小学4年から陸上を始め、中学では全国中学選手権で3位に入った。高校1年の県大会まではなんとか練習もできた(北信越出場)が、原因不明の体調不良に悩まされた。「生きていることが精一杯」で陸上どころか、通学もままならない状況だった。体調不良は病名の診断もされず、「自分で解明するしかない」と医学の道を考えるようになった。■卒業後、2浪をして富山大学へ。再びスポーツができるなどと考えることもなかったが、大学に陸上部があり、「やはり『好き』だったからだろう、足が向いていた」。体調の方は、生活習慣などを工夫してきたこともあり、改善された。大学2年の北信越学生大会で、中学生の頃の自己記録12秒31を更新。3年、4年と足踏みをしたが、4年から5年にかけて「初めて」冬季練習ができた。その結果もあって今季記録がのびているのだという。■それまで技術について考えることもできなかったが、去年の秋ぐらいから技術を求めるようになった。それが今年の学生個人選手権あたりから、「頭と体が一致するようになった」のだと思う。日中韓では初めて日の丸をつける。昨シーズン、コンチネンタルカップに出場しているが(四大陸対抗でその時はアジア太平洋地区代表のリレーメンバー)、やはり日の丸は緊張感がある。いい緊張で臨みたい。個人は韋永麗とは川崎で一緒に走っているが、もっと近づけていると思う。■リレーは責任重大なので力を発揮したい。日本選手権レベル以上はだせるようにしなければと思っている。日本記録くらいはださないとダメだといわれているので、4分の1の大役を果たしたい。●武井壮の陸上魂!!7月13日深夜放送《日中韓3カ国交流/南部忠平記念 陸上競技大会 (7月12日、札幌厚別公園競技場)》

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2015/07/10/7705090/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。