藤原新が参戦2015/08/26 01:00

ロンドン五輪代表、2時間7分48秒の記録をもつ藤原新(ミキハウス)が北海道マラソンに出場するという。これは楽しみだ。情報が飛び込んできたのは大会、本番1週間前。一体、どういうことなのか。少しの不安と大きな期待が交錯する。■2012年のロンドン五輪では大きな期待を集めた。しかし、結果は不甲斐ないものだった(中盤まで入賞圏内、後方待機の中本が追いついてからしばらく並走。追い上げて入賞した中本とは対照的に3周目は大きくペースダウン)。失意の中でも「この世界、やったり、やられたり、(今回は期待を裏切る結果になってしまったが)次のチャンスにはなんとかしたい。これからも注目していただけたら嬉しい」と戦い続ける気持ちを見せていた。■もともと成績に波もあり、決して「優等生」的ではない、野球の打者に例えるならホームランもあるが三振も多い。安定感とは対極のランナー。アベレージヒッターではないが、それが魅力でもあった。ただ、ロンドン以降は苦労の連続だった。左足太もも裏の筋肉(ハムストリング)臀部付着部の炎症などケガに悩まされ続けていた。■2014年春、ライターの武田薫さんがナショナルチーム、そして暑さについて質問した。その時の答え。「ナショナルチームに入れなかったのは条件をクリアすることができなかったから。悔しい。ただポジティブな悔しさ。リオに向けて面白いストーリーが描けるのではないかと楽しみにしている」(これは逆転劇を意図していたのではないか)。そして暑さについては「データだけみると失敗しているが、暑さだけが原因ではない。しっかり勝負できる可能性はあると思っている」と話し、リオを見据えていた。世界選手権惨敗のマラソンニッポン!復活のカギとなる「夏」の北海道。「無職ランナー」「プロランナー」がリオへ向け動き出す。■2015北海道マラソン 8月30日(日)朝放送

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750067/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。