名物選手不在のワケ2012/09/01 14:44

8月26日に行なわれた北海道マラソン。毎年のように出場している選手の姿がありませんでした。1998年から去年まで12回完走している中田崇志さんです。毎回、5キロ通過でトップ集団にいるほか、レースの中盤以降は女子の先頭と争う姿を見ることも多い選手です。2002年に堀江知佳選手が当時の大会記録で優勝した年にはガードランナーのように並走する姿が印象的でした。■中田さんは自身が選手であると同時に、ガイドランナーとしての顔を持っています。ガイドランナーは視覚障害を持つランナーの伴走者です。■8月29日(ロンドン時間)、パラリンピックが開幕しました。今年の北海道マラソンに中田選手が出場しなかったのはロンドンに向かっていたからです。ロンドンのT12及びT11のマラソンには日本から、岡村正広、高橋勇市、和田伸也の3選手が出場します。選手たちとともにロンドンを走るガイドランナーの中には大崎栄さん、早田俊幸さん、志田淳さんの名前もあります。そしてコーチには安田享平さん。ロンドンの複雑なコース、健闘を祈ります。マラソンは9月9日です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2012/09/01/6561752/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。