コー&ジョンソン2012/07/15 18:01

15日、NHKのBSでMLBのダルビッシュをみていたのだが、中継が終わると「カウントダウン・ロンドンオリンピック」という番組が始まった。元陸上選手のマイケル・ジョンソン(米)が案内役をしていた。番組の中には大会組織委員会会長のセバスチャン・コー氏にインタビューする場面があった。■ジョンソンが「準備は順調ですか」と聞くとコーは「選手時代、試合前にそう聞かれて、君は何と答えていた?」と逆質問して笑う。「やらなきゃいけないことが山ほどあっても、心配なことがあっても『順調です』『大丈夫!』と答えていたんじゃなかったかい?」と続ける。■ロンドンオリンピックの開幕が近付いてきた。アスリートは臆病な一面を持っている。不安でたまらなくなることだってある。経験を積めば積むほど、実力がつけばつくほど、思いが強ければ強いほど、警戒心は強まり、不安な気持ちは募る。と何かの本で読んだことがある(出典不明、多分、ゴルフのメンタルについてのもだと思う)。■伝説のアスリートと言われる人でも超人ではなく、不安を抱えながら、必ずしも万全でないこともありながら、目標に向かっていたのかと、そのやり取りを見ながら感じた。■マイケル・ジョンソンは男子200メートルの前世界記録保持者、アトランタ五輪金メダリスト、400メートルはアトランタ、シドニーと連覇。セバスチャン・コーは男子1500メートルのモスクワ、ロス2大会連続金。イギリスは西側諸国がボイコットしたモスクワ大会も含め、全てのオリンピックに参加している。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
長野五輪(1998年)のスキージャンプ個人ラージで日本のメダル獲得数は?半角数字1文字で答えて!

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kondahomare.asablo.jp/blog/2012/07/15/6511910/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。